職場の人間関係 ストレス

仕事の人間関係がつらい。悩みがある。

人間関係は、どこの職場に行ってもついてまわります。

 

仕事そのものについては、大体しばらくすれば覚えることが出来るものです。

 

 

しかしながら人間関係については対応が難しい場合があります。

 

気の合わない人間、ウマの合わない人間なんて世の中にいくらでもいるものです。

 

厄介?なのが派閥です。

 

まるで、何処かの全体主義国家の権力闘争のようですが。。。

 

こうした仲間うちの足の引っ張り合いのようなことはサル山のサルを見ていれば良く分かりますね。

 

 

こんな時は,思い切って環境を変えてみるのも、ひとつの方法です。

 


⇒あなたが、転職出来ない理由

 

 

社宅に住む場合の人間関係

 

社宅に住むというのも一長一短です。会社の同僚や上司、その他の人間関係が自分と合う人ばかりなら良いのですが、そんなわけにもいきません。合わない人間の一人や二人いて当然です。

 

上司の奥さんなどは大変、気を使うものです。自分の会社のボスの、家庭でのボス?である可能性もあるのです。

 

ずいぶんと悩ましいものですが、社宅に住むことを選択した以上、避けては通れません。

 

「何もわかりませんので」「これは、どうすれば良いですか?」と上手に教えを請う姿勢を取るのも社交術のひとつでしょう。

 

それと意外に見落とされがちなのが、子どもの存在です。

 

子供のいない家庭では関係ないかもしれませんが、子どものいる家庭では、少し事情も違ってきます。

 

よく、奥様たちの集まりがある場合では、会社での夫の役職順に奥さんの会合での席次も決まりがちですが、子どもの学校の成績が上司の子供より良いと、これにも少し変化があるようです。

 

特に子供の学校関係の集まりなら、なおさらです。

 

普通は主人である、夫の会社での役職順に席次が決まり、上司の奥さんが積極的に発言しそうなものですが、部下の子供の方が、上司の子供よりも学校の成績が良い場合、これが当てはまらないケースが多いのです。

 

上司の奥さんも、自分の子供の成績が良くないので、多少、気が引けるのでしょう。学校の成績の良い親がグループの中心に押し出され、中心的な役割を周囲から期待され、場のまとめ役を任されることが多いようなのです。

 

上司の奥さんも、これについては暗黙の了解のようなものがあるようです。無論、子どもの成績のことについてもやっかむ奥さんがもいるでしょうから、それとなく気を配る注意は必要です。