営業ノルマ ストレス

営業ノルマ未達

営業マンであれば販売ノルマは必ずついてまわります。
毎月、数字に追い立てられます。
仮に今月、数字を達成しても来月にも同じことが繰り返されます。まるで賽の河原ですね。

 

某ハウスメーカーのノルマなどは厳しいらしいですね。営業ノルマ未達の場合は、いったいどんな仕打ちをされるのでしょうか?このハウスメーカーでは新卒の内定辞退が大量に発生したらしいです。

 

営業マンなら、数字を達成するために禁じ手を使うこともあるようです。

@ 結論から言います。

@ 営業ノルマのない職種が世の中にはあります。

@ 答えを言うと工場での仕事です。

工場での仕事と言っても様々です。ラインに入って流れ作業をする仕事もあれば経理や総務のようなデスクワークもあります。

 

 

 

⇒まずは無料で出来る登録だけでもしてみませんか

 

 

 

自爆営業

ノルマの数字を達成するための手段のひとつに、自爆営業と呼ばれる営業ノルマの消化方法があります。最近、良く聞くのは郵便局での年賀ハガキの販売ノルマでしょうか?

 

 

小泉政権で郵政民営化が行われてから、何かと郵便局でも仕事のやり方が変わってきたようです。

それにしても、これだけ電子メールが世の中に普及しているわけですから、ハガキが売れないのも当然といえば当然です。

 

最近ではメールすら使われなくなり、全てLINEで用が足りるという意見もあります。

 

それでもハガキの売り上げを確保しなければならないということで友人、親戚中に売りさばいても営業ノルマを達成できないので自腹を切って購入するというわけです。

使わないハガキを大量に所有していても仕方がないので、金券ショップに持ち込んで換金することになります。ハガキの使用は、今後、減ることはあっても増えることは考えにくいですから、この流れは、今後、ますます厳しくなるでしょう。

 

 

他に良く聞くのはJA、全農、農協でしょうか。

 

 

JAと聞くと農業関係だけだと思われがちですが、電化製品の販売、宝石や金融商品の販売、変わったところでは着物の販売なども行われていたりします。

 

 

家電であれば量販店、あるいはネット通販での購入が世の中の大勢ですから、これもなかなか売りにくいのではないでしょうか。

 

着物の販売も然りです。

 

今どき、着物を着るのは、いったいどんな時でしょうか?

 

成人式ですら女性が振袖を着なくなったと言われています。

 

 

逆に穿った見方をすると、世の中の売りにくいものをJAの流通チャンネルで売ろうとしているのではないかと邪推してみたくなります。

 



⇒あなたが、転職出来ない理由