元銀行員 転職

元銀行員の転職 外資系金融機関へ。銀行員を辞めたい


 

 

私の友人で元銀行員と言う人がいます。

 

彼は高卒で地元の銀行、いわゆる第二地銀に入社しました。(厳密には入行というらしいですが)

 

給与も私なんかよりも高く、休日は若い時からゴルフ三昧でした。

 

その後、給料が高いという理由で、彼は外資系の金融機関に転職しました。

 

業務内容は主に生命保険、がん保険を売る仕事だったようです。

 

 

ですが、この転職は失敗だったようで、彼はこの外資系の金融機関を短期間で辞めてしまいます。

 

本人、曰く、外資系はノルマが厳しく、ノルマを達成出来ないと、まともな人間扱いされないとのことでした。
それ以上の、ことは彼は口を閉ざして何も言いません。
やっぱり日本の銀行の方が恩情があって良かった。あの転職は失敗だったと彼は言います。

 

 

その後、30代になった彼は、しばらくの間、フリーターのようなことをしていたのですが、「元銀行員」の仲間と数人でサービス業の会社を立ち上げました。

 

彼の今までの経歴から言うと、まったく経験がないはずの分野の仕事です。

 

 

驚いた私が彼に聞くと、「自分は『元銀行マン』だから現場に出ることはしない。他の『元銀行員』の仲間も同じだ」と言うのです。
実際の作業は現場のスタッフがやる、というのです。

 

前々から、気になっていたのですが、彼は自分のことを紹介するときに「元銀行員」ということを、やたらと強調するのです。

 

どうも、「元銀行員」ということに異常なプライドを持っているのです。

 

そんなことを言えば、私だって「元大学生」(彼は高卒)だし、すべての大人は「元子供」です。

 

 

白髪の老人だって「元若者」のはずです。

 

「元」は良いから現在は、どうなんだと訊きたくなりましたが、それ以上は言いませんでした。本人の問題ですから。

 

新しく立ち上げた、「元銀行員」たちのサービス業の会社ですが、現場の業務を理解しない、やるつもりもない、やったことがない。

 

こんな状態で現場のスタッフがついてくるのか、指示通り動いてくれるのかどうか、かねがね疑問だったのですが、やっぱりというか、必然的にというか、どうも上手く行っていないようです。

 

 

自分たちは「元銀行員」だから、机の上で数字だけ弄っていれば良い。

 

あとは下々のスタッフ任せておけというのでは、どう考えても無理があるでしょう。

 

会社というのは、経営者が基本的な業務をこなせないと、理解していないと、従業員はついてこないのではないでしょうか?

 

また、経営方針も見当違いのモノになってしまうのではないでしょうか?

 

⇒銀行員から転職するなら