始末書の書き方 顛末書 反省文

始末書の反省文 雛型

 

始末書の反省文を書くための雛型を探すために、このページに辿り着いたアナタ!

 

申し訳ないけれど、あなたは既に会社の中で終わっている、詰んでいる可能性が高いです。


 

始末書を書かなければならない理由が営業車・社用車による自動車事故なのか、通勤帰宅途中による交通事故の問題なのか?

 

営業で不渡り手形をつかんでしまった。

 

営業車に置いてあった回収した売上代金の現金を置き引きに盗まれてしまった。

 

あるいは会社の備品を破損した、大事な書類を紛失した。

 

社員証、社員バッジを紛失した。

 

建物の鍵を失くしてしまった。

 

仕事帰りに会社の同僚、あるいは取引先とアルコールを飲むことになったのは良いけれど、酒が入りすぎて、大事なデータが入っているパソコンを電車の中か、お店か、何処かに置き忘れてきてしまった。

 

始末書を書いて、署名捺印しなければならない理由は、いろいろあると思います。

 

 

しかし、ここで本質を良く考えて下さい。

 

>>>>>>

 

>>>>>

 

>>>

 

>>

 

 

 

日本の会社のほとんどは、特に公務員的な体質、お役所的な体質の強い大企業、大手の会社、歴史のある会社では特に、

 

「人事評価は加点主義ではなく、減点主義で評価される」ということです。

 

 

つまり、会社の中で始末書を書かざるを得ない状況に追い込まれたアナタは会社での今後の出世の可能性は限りなくゼロに近いものになってしまったということです。

 

 

始末書を書くことで人事評価が上がる会社なんて聞いたこともないですよね。

 

今回、始末書、顛末書を書かなければならない状況のアナタは、間違いなく人事評価を下げられます。

 

次のボーナスは前回よりも少ない可能性が高いです。

 

場合によっては「ボーナスなし」かもしれません。

 

 

今後、考え得る、起きうる可能性としては、

 

 

@かつての同僚、あるいは後輩がアナタの上司になる。

 

@減俸、減給。

 

@降格、左遷。

 

@パワハラ、社内イジメ。

 

 

早い話が会社の中で冷遇されるということです。

 

 

今後、努力を重ねて、逆転一発サヨナラホームランを打つ可能性もゼロではないかもしれません。

 

 

しかしながら、こんなときにこそ日本企業の嫌らしい部分が出るものです。

 

つまり、失敗したら生贄、スケープゴートのターゲットを一人決めて、その人物に失敗の濡れ衣を全て着せて葬り去る。

 

社内的な足の引っ張り合いもあるでしょう。

 

 

成功したら上司の手柄、あるいはチーム全体の手柄。

 

 

将来のことを考えると、

 

 

⇒早めに転職してしまった方が良いかもしれません。